このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんは、 どのようにして留学先を決められましたか?
皆さんは、 どのようにして留学先を決められましたか?
(ベベさん)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
大学選択
情報不足の中での大学選択は難しいので知人の紹介・推薦に頼りたくなりますが、
やはり時間をかけてのリサーチが有効です。
話を大学学部以上に絞ってお答えします。
まずは勉強したい分野が決まれば自ずと学部候補が絞られます。
もし志望学部が未定ならば適当にいくつかの大学のHPをチェックすればある程度の目処はつけられます。
例:ソフトウェア
学部:BE・BTech・BCA・BSc(Computer Science)・BIT
修士:ME・MTech・MCA・MSc(Computer Science)・MIT・MS
注:B=Bachelor、M=Master
次は地域・都市を重視するか、もしくは直接志望校の選択に入るかです。
学部・UNIVERSITYによる制度の違いも考慮に入れたほうがいいかと思います。
1.学年制(ANNUAL SCHEME)
期末試験は年に一回のみ。長期休暇が魅力です。
2.学部(SEMESTER・TRIMESTER)
SEMESTERは期末試験が年2回。
TRIMESTERは年3回です。
私はSEMESTERとTRIMESTERを体験しましたが、
とくにTRIMESTERは休暇も少なく、常に試験を意識しての勉強なので精神的にきついです。
中間試験の事も考えると1・5-2ヶ月に一度試験がありますから勉強だけをしたい人向けです。
ヤフーインド
http://yahoo.india.studylink.com/
たぶんここから全大学・学校を検索できます。
学部別ランキングは毎年インドの雑誌で特集されます(確かニューズウィークインド版か他の類似雑誌)。
特にMBA校ランキングは別冊で出版されると思います。
インドMBA
http://www.indiamba.com/
他にはヤフーインドで
学部名/都市名/Institution/institute/college/university
等のキーワード検索も有効です。
また候補の大学が「AIU(Association of Indian Universities)」に認可されているかも要チェックです。
実は私も詳しくはないのですが、タイ人の友人のの話ではAIUに認可されていない大学の学位はタイでは認められないそうです。
日本の事情は知りません・・・
AIU
http://www.aiuweb.org/forAiu.aspx
このHPのどこかに全UNIVERSITYリストがあるそうです(保障はしません)。
日本からの大学選びですと、インド人学生とは別枠での大学特別枠での入学を試みる必要があると思いますので、
ある程度の候補大学が決まったらとにかく大学へメール・電話で詳細を問い合わせてみるといいかと思います。
「国際化」をアピールするために外国人は英語力なしでも無条件で入学許可をする大学も多々あります。
ただし修士はその分野の基礎知識か英語力のどちらかが備わっていないと落第・留年の可能性もあります。
多くの大学(UNIVERSITY・COLLEGE共に)では外国人向けに何割か割高の学費設定をしています。


【2007/05/28 22:23】 URL | ノリ #Qeh3fKfs [ 編集]


通っていた学校の先生に進められて決めました。でも、入学許可を取りに行ったら話しが全然違っていて、1ヶ月粘って、たまたま知り合いになった学生に助けてもらって入学しました。今から17年前は情報なんて全然なかったですので。

【2007/04/22 18:53】 URL | トウショウ #OdTl3mok [ 編集]


私は、そもそも論として、たくさんの人に話されている言語(英語、アラビア語、ヒンディー語)と、インド経済を同時に勉強してみたいという思いがありました。
加えて、奨学金付きの留学を希望していたので、まずネットで「奨学金」「インド」「留学」などのキーワードで適当に検索しました。そこで検索されたのが国立ヒンディー語学院やICCRの留学プログラムでした。
中央ヒンディー語学院に行ってから、ヒンディー語学院の先生やクラスメート、インド人の学生などに評判を聞いて、英語学校やIT関連の学校を選びました。
【2007/04/19 16:00】 URL | go #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/112-a997a482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。