このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学ビザでアルバイトをするのは可能なのでしょうか?以前、正式には年間(年収)2万ルピーまでなら可能 という上限がある と聞いたことがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?
留学ビザでアルバイトをするのは可能なのでしょうか?以前、正式には年間(年収)2万ルピーまでなら可能 という上限がある と聞いたことがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?
(八東さん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

就学ビザ以外で数ヶ月程度のアルバイトをしたとしても多くの会社では「諸経費」扱いで小切手で支払ってくれます。が、口座払いの小切手の場合が非常に多いので、インドで作った銀行口座がないと受け取りができません。支払い方法と期日は事前に確認しておきましょう。
【2007/05/28 22:45】 URL | ノリ #Qeh3fKfs [ 編集]


税金に関していうと、多分2万ルピーというのは年間ではなく月の収入だと思います。年間約11万ルピーまでの収入は無税ですのでIncome Tax Lawの課税対象の項目には抵触しません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Income_tax_in_India

ただ、Visa関係の法律でなんと書いてあるのかです。文章自体を読んでいないので、わかりませんが、聞いた話ではアルバイトは違法です。(あくまでも聞いた話なので)
私も学生の時にアルバイトしてましたが、インド政府も厳しく取り締まっているわけではないので、グレーゾーンなのです。ただ、Tax Lawに抵触した場合、そこから事態が悪化して、「なんで、学生Visaで働いているんだ」って政府に突っ込まれる原因になるかもしれないので、企業も気をつけているのでしょう。
毎回違う名義の領収書にして通訳代やコンサルタント代とかにしたりして支払っているところもあります。
<アルカカットさんより2万ルピーが年間であるとの御指摘を受けて、再度調べなおしましたので、追記させて頂きます。>
年間2万ルピーの件は、Income Tax Lawの源泉徴収の項目に記載されいました。
財務年度中(年間ということですが)に2万ルピー以上の収入を受け取ったContractor/Sub Contractor(アルバイトもこれに入ると思います。)は、源泉徴収の対象になるとのことです。
ということで、Income Tax Lawの視点から源泉徴収されること自体は違法ではないですが、法律上学生VISAでは収入を得てはいけない(おそらく)ので、源泉徴収の話から学生VISAの外国人を雇っているということが発覚する可能性があるかもしれまん。
抜け道としては、もし会社が他の出費で処理してしまえば、源泉徴収されません。ただ脱税の多いインドでは、法律は確実に厳しくなってきています。大企業とかはすぐに突っ込まれる可能性があるのでそういうことができないのかもしれません。これは単なる想像ですが・・・。
源泉徴収の項目のURLはこちらです。リンクすると文字が見えなくなるのでURLの記載にとどめました。
http://incometaxdelhi.nic.in/taxsys/Thresh.htm
内容
7. Payment to contractors, Sub-Contractors (Section 194C)
If the payment exceeds Rs.20,000/- in respect of a contract or sub-contract=財務年度になってますので、年間だと思います。)
(2万ルピーが月なのか年間なのか書いてませんが、他の項目をみるとFinancial Yearと書いてありますので年間だと思います。)
At the rate of 2% of payment (on the income comprised therein).
【2007/04/17 17:30】 URL | トウショウ #.6Y3SZt6 [ 編集]


年間2万ルピーまでというのは、学生ヴィザ云々というよりも、どうやら税金が関係あるようです。
インドには表と裏の経済がありますが、表の経済において、各個人に源泉徴収(TDS)なしで支払える給料の上限額が年間2万ルピーみたいです。学生ヴィザは就労ヴィザではないので、TDSを支払うような収入は得ることができません。
結局、「学生ヴィザでアルバイト年間2万ルピーまで」という説は、年間2万ルピー以下なら、税務署に見逃してもらえるというだけなのではないかと思います。特に「学生ヴィザの外国人留学生の収入は2万ルピーまで」などという規定はないでしょう。
よって、ちゃんと登記している会社や団体などでアルバイトをする場合、年間2万ルピーまでしかもらえないことがあります。
ただし、駐在員の子息の家庭教師などをして個人的に報酬をもらったりする分には問題ありません。
また、裏のお金を動かせるところならば、それ以上のお金をもらうこともできると思います。
ただ、法律上は当然、不法就労になります。この場合、給料は現金で受け取ることが必須となります。
あまり税金のことなど詳しくないので、間違っているところがあるかもしれません。経験上、お答えさせていただきました。
【2007/04/17 17:29】 URL | アルカカット #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/12-b53ebf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。