このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本からノートパソコンなどをもってくる予定ですが、変圧器や電圧安定器はインドで手に入りますか?
日本からノートパソコンなどをもってくる予定ですが、変圧器や電圧安定器はインドで手に入りますか?
(てんがみっつさん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

変圧器ですが、電気製品用(炊飯器とかオーブントースターとかホットプレートとか用)のものと電子製品用(パソコン、オーディオ・ビデオ関係)のものがあります。

  インドでは電気製品用のものは使えますが(しかも軽いです。)、電子製品用は品質が信用できません。(しかも重いです)私の日本からもってきたオーディオシステムは壊れました。

電圧安定器ですが、インドで手に入るものに一般家電用とPC用があります。

一般家電用のものには市販のスタビライザーを使います。(略してスタビ)ACと冷蔵庫にはのスタビをつける必要がありますので電化製品と一緒に購入するのが良いかと思います。

 PC用ですが、安定器としては今はUPS(Uninterrupted Power Supply)がメジャーです。UPSはバッテリーにより停電時に瞬時に電源供給するほか、電圧安定機能、ノイズ除去、ヒューズにより高電圧のシャッダウン機能がついています。小型のものがでていて5000ルピー(12500円)~1万ルピー(25000円)くらいでよいものが買えます。ただ小型といってもバッテリー付きですので重いですので、PCをほとんど部屋で使う人にはよいかもしれません。私はノートを使ってますが、映画なんかをみてる時に停電などがある時は非常に重宝しています。

 今のところインドの事情はこのような感じですので、 変圧器を買われる場合は、基本的に日本で買ったほうがよいと思います。

日本からもってくるのが重いということですが、 電圧安定機能もついた軽い変圧器が日本で入手できますので こちらをお奨めします。ネットで購入できます。

スワロー電気(SWALLOW)の 海外用小型変圧器 ワールド-120 という製品は電圧安定機能もついて重さ500gでネット販売で12200円で販売しているのをみたことがあります。容量は120WまでOKです。ネットで検索すればすぐでます。

ノートPCに限って更に軽いものを求める方は、ロードウォーリア社のエルバックPC Proという製品が良いです。というのはほとんどのACアダプターはPC接続部からBOX部までは240Vまで対応ですが、BOX部分からコンセントの部分までが240V対応でない場合が多いです。これには変圧機能とともに落雷時の高電圧から守る雷サージ機能とノイズ除去機能がついています。値段は3000円くらいです。

ロードウォーリア社の公式ホームページは下記の通りです。

http://www.warrior.co.jp

予算に余裕がある人はこの二つを購入すれば、電圧のリスクはかなり減ると思います。
【2007/04/17 17:40】 URL | トウショウ #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/15-2d3536d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。