このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICCR奨学金の推薦書の英文と和文は同一人物でないといけませんか?
ICCRの奨学金の申請書類のひとつである推薦書につきまして一点質問なのですが、英文と和文は同一人物でなければならないでしょうか?(Chenmeiさん)
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

貴重な情報、本当にありがとうございます。
参考にさせていただきます。
【2008/12/05 16:12】 URL | Chenmei #- [ 編集]


わたしは最初、A先生とB先生に英文、和文の推薦状を頼みました。A先生からはすぐにドラフトを送れ、という指示があり、返信も速やかでしたが、B先生からはしばらくお返事がありませんでした。
 これでは受験できない、A先生のご厚意が無駄になる、とあせったわたしは、B先生は半ばあきらめて、C先生にも頼みました。C先生が承諾して下さり、C先生にもドラフトを送ったところでB先生から書いて下さる。というお返事が来ました。
 
 結局、わたしが受験を決意したのが遅くて、ギリギリのスケジュールだったため、英文和文両方の推薦状が手元に3通集まる羽目になってしまったわけですが、志望大学の卒業生(その人もICCR奨学生)に、3通出してはだめか、と聞いてみたら、2通と決まっているところを3通出すとそこをケチ付けられると困るから止めておいたほうが良い。と言われました。

 そんなわけで、国内ネームバリューのあるA先生とB先生は和文推薦状を、国際的にネームバリューのあるA先生とC先生は英文推薦状を、使わせて頂きましたが、それに関しては面接でも何も問われなかったので、英文と和文で推薦人が別でも、二通である限りは問題ないようです。長くてすみません。
【2008/12/03 22:28】 URL | ふぐぽんさん #OdTl3mok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/158-d507d473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。