このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの病気について
インドに転勤が決まり3年間の予定で住むことになったのですが、インドで気をつけたほうがよい病気とかありますか?
(Freeさん)

スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

こんにちわ。病気といっても沢山ありますが、基本的なことだけを書かせて頂きます。

1)蚊からの感染

まず気をつけたいのは、蚊から感染する病気です。デング熱、チクングンヤ熱はワクチンがないため、毎年死者がでています。日本人は学校で日本脳炎の予防接種を受けていると思いますので問題ないかもしれません。

デング熱
チクングンヤ熱
日本脳炎
マラリヤ熱

対策:虫除けクリーム(Odomos Naturalなど肌に優しいものがあります。)をこまめに塗る。そしてAll Outを常に部屋でつけておくです。それと蚊はドアや窓のわずかな隙間からでも入ってこれます。すべてふさぐことが大事です。窓に網戸がなければ網戸をつけましょう。マジックテープで開け閉めができるプラスチックの網戸が安いです。ドアの下もふさぎましょう。

2) 食事と水からの感染

次に気をつけたいのは、食事(特に生もの)、水からの感染です。

A型肝炎
B型肝炎
コレラ
赤痢
チフス

ミネラルウォーターもたまに水道水を入れただけのニセモノがありますので、水はR.O浄水器(R.O=逆浸透幕式)を取り付けてそれを飲むことをお勧めします。

食事は、汚いところや屋台では絶対に食べない。火の通ったものしか食べない。生ものを食べる際にも自分で衛生管理したキッチンで作ったものを食べることをお勧めします。

インド人は汚い屋台でもよく平気で食べてます。免疫は日本人の比ではないのは確かですが、その人がたまたま運良くなっていないだけで、病気になっている人はいくらでもいます。自分の身は自分でしか守れません。「自分がなってないから問題ない」、という非論理的な主張に惑わされると後で泣くのは自分です。

ちなみにご存知の通り、日本で騒がれているNDM-1という酵素は、菌(大腸菌、サルモネラ菌など)に侵入すると菌がほとんどの抗生剤で死なない多剤耐性菌に変身してしまう酵素の一種です。

NDM1を持った菌に効く抗生剤はポリミキシンなど2種類あるらしいのですが、毒性が高く副作用が強いため新しい抗生剤がでるのを待つしかない状態です。

こういう意味でも、汚い食事や汚い水は非常に危険です。菌は通常65℃以上の環境では即死しますので、火を通した清潔な食事(調理器具・食器も含めて)をお勧めします。NDM1を持ったチフス菌、赤痢、コレラに感染したら死亡率99%かと思います。

3)外傷による感染

最後は、外傷によるものです。

破傷風
狂犬病

対策:野良犬やサルなどはひたすら避けることでしょうか。予防接種を打っていない場合は、引っかき傷などができたり、動物にかまれたりしたら、面倒くさがらずに、すぐに注射を打ってもらうことをお勧めします。万が一感染して、重症になったら死にます。

これらの病気は日本で予防接種を受けると非常に高いですが、インド現地のApollo, Max, Fortis, Wockhardtなどインド高級チェーン病院だと設備も最新のものを揃えていて、一定レベルの衛生状態を維持管理できる体制になっています。しかも日本に比べてかなり安いので、特に長期滞在される方は、インドに来てから順々に摂取されることをお勧めします。

余談ですが、インドの医療(大病院にも勤めていないような小さな町医者は除きます。)はかなりレベルが高いです。歯医者や外科は特に強くて、値段も安いことから欧米からも多くの患者がインドに訪れています。(心臓バイパス手術は、USAだと600万円なのに対して10分の1以下で済みます。)

また薬も欧米にジェネリックを輸出している関係で安く手に入ります。


最後に・・・

予防接種は、健康保険に加入するより、最も直接的でもっとも確実で保険です。そういう目線で、先手先手で接種していったほうがよいです。お金は働けば、体力は休めばまた後で戻ってきますが、命は一度なくしたら絶対に二度と戻ってきません。油断は本当に命取りです。インド人の友達でも死んだ人、死にそうになって九死に一生を得た人を何人か知っています。
【2010/10/04 01:36】 URL | トウショウ #OdTl3mok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/196-e412e6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。