このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICCR奨学金の試験内容
2012年度のICCR奨学金を受けて、TISS(開発学)またはネルー大学(国際学)に留学したいと思っているものです。

ここ2~3年でICCR奨学金を受けられた方、どのような試験内容だったか教えて頂けますでしょうか?
また、こちらのQ&A(何年か前の情報)で、日程については1月末に書類申し込み締め切りののち、2月中に試験、結果発表→6~7月にインドの学校からの受け入れ通知が来るということでしたが、最近も変わらないのでしょうか?(できればわりと詳しい日程が知りたいです)

そして、ICCRの選考の後に各大学院の選考試験はあったのでしょうか?(こちらに関しては、TISSやネルー大学に行かれた方などがいらっしゃいましたら、試験の内容をどんなものだったが教えて頂けると幸いです。)
(Miyamaさん)
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

私は2009年度ICCR奨学生です。提出書類は日本学生支援機構のサイトに掲載されている書類および、必要書類として提示されているものです。

私は下記の必要書類を提出いたしました。

推薦状2通。
健康診断書(フォーマットはネット掲載してある書類の中にあります。)
最終学歴証明書と成績証。日本語の場合はその英語訳も。
博士課程に申請する場合は日本語および英語の研究計画書。

また、インターネットに掲載されているものとは別の応募用紙を在日インド大使館に訪問してもらわなければいけなかった気がします。

提出書類に変更などもあると思うので、再度必要書類の欄を確かめてみてください。
書類提出、試験、面接など大変だと思いもますが、がんばってください。
【2011/12/28 03:13】 URL | わすさん #OdTl3mok [ 編集]


2011年度にICCR奨学金を得て、デリー大学修士課程に留学しています。
去年のICCR奨学金の試験内容は筆記と面接でした。
筆記は英語の読解・作文・同義語等の選択問題などで、意外にしっかりとした試験でした。
面接も英語で行われます。面接官はインド人女性の方1人と、
隅の方に助手のような形で日本人女性が1人いました。
面接は和やかなムードで、内容は趣味や今までインドのどこへ行ったことがあるか、
というような非常に簡単なものでした。時間も5分もかからないくらいです。

日程は、1月末に締め切り、二月初旬に試験(筆記と面接は同日)、結果は6月前後です。
締め切りの直後に電話とメールで試験のお知らせがありました。
募集要項を見ていただければ分かると思いますが、募集要項がサイトに掲載されたのは1月19日で、
インド大使館のサイトには21日頃にようやく掲載されたと記憶しています。
募集要項は毎年ほぼ同じですので、今から準備をされた方がよいかと思います。
去年は日本学生支援機構とインド大使館のHPから応募用紙をダウンロードできました。
両方の募集要項を必ず確認してください。

ICCRの試験を受けた後は、ただひたすら待つのみです。大学院の選考試験はありません。
何も連絡がなく諦めかけた6月頃に、電話とメール、郵送で合格のお知らせがありました。

去年の受験者は14人ほどでした。何人合格したのかは分かりませんが、
ICCR奨学金の試験は落とすような試験ではないと思います。
それよりも希望の大学に入ることのほうが難しかったです。
【2011/12/04 10:58】 URL | ゆきさん #OdTl3mok [ 編集]


いくつか回答いたします。

1.ICCR奨学金の試験について

形式上の英語能力テストで、落とすための試験ではないので、
そんなに身構えなくてもいいと思います。
面接の方が重要です。
インドで勉強したい理由や、留学後の展望など、
しっかり英語で説明できるように準備して下さい。

2.日程について
>日程については1月末に書類申し込み締め切りののち、
>2月中に試験、結果発表→6~7月にインドの学校からの受け入れ通知が来る

インド大使館から通知が来ると思います。
日程は例年上の通りです。

3.大学院の選考試験について
試験はありません。

4.その他
この2-3年、ICCR奨学金を通したJNU入学に成功した日本人はいません。
応募者は複数いました。
地方の大学に勝手に入学させられることが多いです。
この原因についてはよく分かっていません。
よって、JNUを第一希望とするならば、ICCRではなく、私費留学の方が安全です。
【2011/11/27 10:17】 URL | アルカカットさん #OdTl3mok [ 編集]


さて、やっと私にも答えられそう(?)な質問が…

もう2年以上前のことなので少し情報が古くなってしまって申し訳ないのですが、元ICCR奨学生のひとりとしてご参考までにご質問に答えさせていただきます。私は2009年7月~2011年6月までBaranas Hindu University、インド哲学宗教学専攻の修士課程でICCR奨学金を受給しておりました。

試験内容ですが、面接は私のときは面接官はインド人と日本人が一人ずついらっしゃり一般的に聞かれるであろう質問をいくつか受けました。人によって所要時間は違ったと思います。ポイントは「なぜインドで勉強したいのか」を熱意を持ってアピールできるか、だと思います。英語と日本語両方で聞かれました。英語の試験は単語や英作文や翻訳など一般的なものでしたが、けっこう単語などが難しく、受験者仲間で少し動揺していたのを覚えております。

日程はそのとおりです。私の年は1月末書類提出締め切り(しかも締め切り数日前に締切日がHP上で前年度のものから更新された)で一週間後から二週間後に面接&試験がありました。試験後、連絡はほとんどナシで、皆あせって大使館の教育担当の方に電話していましたが、インド大使館側もデリーにあるICCR本部も大学の国際センターもどこもが、たらいまわしにする(ICCR本部に書類があるので分からない、大学の国際センターに聞いてみたらいいかもしれない、など)か、もしくはほとんど何も教えていただけませんでした。留学開始時期の直前のもうダメかなとあきらめかけた頃にポッと連絡が来るのが例年のことのようです。特に受け入れ通知(入学許可書)が届くのがかなり直前で、私の場合、大学の入学
手続き期間の始まる10日前に届いたのを覚えています。(郵送とメールで届きました。)

ICCRの面接&試験後に大学側の入試はありません。外国人は学部、修士課程の場合(例外を除き)試験ナシで入学できます。

TISSやJNUについての個別の情報は分かりかねます、すみません。
【2011/11/27 10:15】 URL | Ayakoさん #OdTl3mok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/198-21c61ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。