FC2ブログ
このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
芸術と社会開発、平和構築関係をバランスよく勉強できる大学はありますか?
インドに留学したいと考えています。

学校を一生懸命探しているのですが、(英語ができないからというのもあります)
上手く見つけられなくて何かアドバイスをいただけないでしょうか?
大学、大学院を探しています。またはDiploma course.

グラフィックデザインや芸術と
多文化共存、共生、社会運動(social movement)
平和構築、NGOs、社会開発などを
勉強できるところを探しています。
インドの伝統的哲学、多文化共生と芸術教育と
社会問題を混ぜ合わせた手法を学びたいです。

できれば芸術と普通の社会開発や平和構築関係を
バランスよく勉強できる所が良いです。
また多学科の授業の履修を許可してくれるところはあるのでしょうか?

どこが一番この内容を勉強できますか?

インド人のアドバイスはJNUでした。
social sienceやart があるよと言われました。
social sience というのは日本でいうと社会学のような感覚でしょうか?

また、もしタミル語圏ならどこの研究機関がいいですか?

何か情報があれば両方教えていただきたいです。

(Takaliさん)
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

私はデリー大学に留学していたので他の大学についてはわかりませんが、複数の学科の授業を履修するのは可能だと思います。韓国人の子たちがデリー大学にはかなりいましたが、かれらは将来のインドでの就職に有利だと、経営などのコースを先攻しながら私がいたHindi Certificate Courseも履修していました。物理的に無理な時間割(例えば同じ時間に授業を2つ!)でも大学の方は何も気にしていない様子で、韓国人たちははちゃっかり単位を取得していました。


残りの質問についてはよくわからないのでお答えできずすみません。各大学の留学生課に聞いてみるといいアドバイスがもらえるかもしれません。返事はいつ来るかわからないので、めげずに何度も連絡したほうがいいと思います。
【2012/03/25 15:50】 URL | とみーさん #OdTl3mok [ 編集]


TISS出身者(2006-2008)の逢坂と申します。

ソーシャルワークで定評のあるTISSでは、近年コースがかなり細分化されており
メディア・文化学のコースもあります。スタジオも持っており、ドキュメンタリーなども作成しています。
http://www.tiss.edu/TopMenuBar/academic/independent-centres

開発・社会学系コースと学内交流・共通科目もあるかもしれません。
http://www.tiss.edu/TopMenuBar/academic/schools
【2012/03/25 15:49】 URL | 逢坂さん #OdTl3mok [ 編集]


学校ではなくポンティシェリーのオーロヴィルに居住するのが一番目的を達成できると思います。
留学以外の条件をほぼ満たしてますので。
そこのコミュニティーに参加して世界市民として日々生活していくほうが
学校に行くよりも確実に学びたいことを実地で学べると思います。
日本にも窓口があるので本気で興味があるならそこにまずコンタクトを取ってください。
日本語で話が聞けると思います。(ただしオーロヴィルの英語HP位は読んでからにしてくださいね)
【2012/03/25 15:47】 URL | Akiraさん #OdTl3mok [ 編集]


visva bharati の創設者タゴールの目指したもの、それに近しいような感じがします。
私は芸術学部です。「多文化共存、共生、社会運動(social movement)平和構築、NGOs、社会開発」が勉強できるかどうかはHPで調べてみて下さい。
私はこの大学は安易にお勧めできません。
1まず英語ができること。
2芸術教育の質は昔に比べて落ちているようです。
3タゴールの教えは、この学校はもう忘れ去っていて、とてもがっかりします。
ただ、なごりはあるので、研究の仕方や、どうアプローチするかで人によって得る物は違って来ます。
多文化共生と言う面ではここは充実しています。机上の学びでなく、身をもって経験するのでたまに疲れますが、面白いです。

まずはインドに3ヶ月なり滞在してみて、直接大学をご覧になられた方が良いかと思います。予想と違ってがっかりして帰って方も多々いらっしゃいますし。

ちなみに私がここを選んだ理由、1年目で何度も辞めようと思っても未だに留まっている理由は、
1自然の中で自由な勉強ができる。
2精神面の成長。理不尽な事、小さいこと、不便な事をどう楽しく考えるかなど。
3少数民族との交流

ここの大学、先生は何も教えてくれません。人と、経験から学べる所だと私は思っています。
【2012/03/25 15:46】 URL | 米の苗さん #OdTl3mok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/201-439f6dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト