このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TISSはICCR奨学金の対象でしょうか?
TISSはICCR奨学金の対象でしょうか?
(Takaliさん)
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

対象の学校です。ただし、ICCRからTISSへ入学できるという通知がくれば入学できますが、希望していない学校への入学通知がきてしまうケースも多いようです。

本当にTISSしか行きたくないのであれば私費にしたほうがよいと思いますが、修士課程の場合は、TOEFL、GMAT,GREのスコアーが規定を満たしていないといけません。こちらの方が日本人にとっては難しいと思います。

http://www.tiss.edu/tiss-attachements/downloads/m.a.-information-brochure

学士過程、短期コースなどであれば無試験でも入れるかもしれませんが。まずはTISSのサイトをよく読んでからTISSのISO(International Student Office)にメール、電話または直接出向いて確認されたほうがよいと思います。直接出向くなんて大変だと思われるかもしれません。ただ、私費留学では直接出向いて教授や学長に会ってできれば仮の入学許可証を取ってくるくらいの意気込みで交渉したほうが入学できる確率は非常にあがります。学校にもよりますが、日本にいてメールのやりとりだけで入学できればラッキーといえるかもしれません。

http://www.tiss.edu/
【2012/04/08 06:09】 URL | トウショウ #OdTl3mok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/207-8f459fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。