このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの修士で研究をしたいと思っています。テーマは心理学寄りのマーケティングに関することです。いろいろな人の意見を聞きながら判断したいので、何か気づいた点や個人的なアドバイスなどあれば助言して頂けると非常にありがたいです。
インドの修士で研究をしたいと思っています。テーマは心理学寄りのマーケティングに関することです。いろいろな人の意見を聞きながら判断したいので、何か気づいた点や個人的なアドバイスなどあれば助言して頂けると非常にありがたいです。
(テッタリさん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

やはりインドの大学では
修士課程は論文を書くためのコースではないことが
まずは注記しなければならない点でしょう。
インドで論文を書こうと思ったら、
日本で博士課程に在学しているときに
インドの大学の博士課程に入学するのが
一番効率的でしょう。

調査目的なら、JNUの修士課程は
ほとんど毎日授業があって大変なので、
やはり博士課程からの入学がいいと思います。
また、インドの大学で教えていることは
一般的に言って時代遅れのような気がするので、
それにも気をつけなければならないかもしれません。
僕はインドでインドに関係ないことを学ぶのは
学費が安いことを除けば
あまりメリットがないかもしれないと思っています。
なるべくインドと関係しているか、
インドにつなげていけるような
学科を選ぶ方が、やりがいがあると思います。

授業はほぼ英語で行われることも
注記しておく点だと思います。
インド英語と書く方が適切かもしれません・・・。
慣れればアメリカ英語よりも
聴き取りやすいとは思うのですが。
【2007/04/17 18:27】 URL | アルカカット #.6Y3SZt6 [ 編集]


修士をやったことがない私が言うのもなんですが、一度私も学士卒業後に研究者になることを考えて、大学院進学について悩んだことがありますのでその経験から書かせて頂きます。

おっしゃられている分野について
詳しいことはわかりませんが、

インドの大学院に進学する際の注意すべき点として

一つ目は、一般的に修士では学士の延長のような筆記テスト主体の授業を行っているところがほとんどで、自分のやりたいテーマで研究論文が書かせてもらえるのは M.Philの2年目もしくは博士課程からになることを気をつける必要があります。ただ、大学・学部によっては論文を書かせるところもありますので詳細は大学へ問い合わせるか、実際に足を運んで調べることをお薦めします。

2つ目は、将来どのような道へ進まれるのかということを念頭において進路を決めるということです。

せっかく貴重な時間を費やして研究しても卒業後に活躍できる場がないというのは非常にもったいないことですので。

以前まさらのbbsで書かせて頂いたことがありますが、もし将来、日本で研究者になることを念頭に置かれているのであれば日本や欧米の大学で博士課程に在籍しながらフィールドワークでインドに研究にくるという形が今の状況からするとベストかと思います。

理由は、インドの大学より海外の大学に席を置いた方が情報の入手がしやすいという面もありますが、研究が独り善がりになるのを避け易いことと、将来研究者になるためのコネという意味でも大事です。

ただ言うまでもないことですが、ベスト=絶対確実ということではないですし、逆にベストでない=無理という意味でもないです。

日本の学士を卒業後、インドで修士をやってから、まったくコネのない日本の機関に就職された方も実際におられます。

いろいろなケースがあるので一概にはいえませんが、もしインドの修士に入学して、M.Phil、博士と継続してインド大学ベースでやられるにしても、決してインドの大学内だけに閉じこもって研究に没頭するのではなく、日本のスーパーバイザーとのつながりを強めたり、できれば自分が研究する分野で実績がある、またはその分野の権威といわれる研究者へメールや手紙でコンタクトしたり、機会があるときに直接お会いするなどして指導を仰ぐ等、外とのつながりも強めながら研究を進めるという方法が将来日本や海外で研究を続けるための一つの知恵かと思います。

この方法は極端な話、インドで研究者としてやっていくにしても決してマイナスにはならないと思います。
(ちなみにインドの大学の先生の給料は有名大学の教授でも約10万円/月くらいと大分安いようです。)
【2007/04/17 18:27】 URL | トウショウ #.6Y3SZt6 [ 編集]


大学院は大きく分けて修士課程と博士課程に分かれていますが、私が経験したインドの大学院の修士課程というのは、研究というよりも授業中心であったことが印象的でした。

学士課程と同じように授業に出席し、期末ごとに試験を受け単位を取得していくというものでした。
各期の履修科目数は学士課程と比較して少なく、より集中的にある一定の分野を学ぶことは出来ますが、専門的にひとつの分野を集中して研究する(極める)という意味では、修士課程というよりも博士課程がそれにあたると思います。

修士課程修了前に論文を書かされましたが、そのテーマに関して落ち着いて研究する時間は非常に短かったように感じます。

大学院選びは、非常に重要です。
同じ科目であっても大学院によって、かなりアカデミックな色が強いところもあればより実践的な学問として取り扱っているところもあり、自分の学問の趣向、目的に合えばいい勉強が出来ると思います。
そのような大学院のカラーはもちろん教授の顔ぶれ(誰がどんな教授かを知るのは容易ではありませんが…)、学生にも反映してきます。大学の名前や場所にこだわらず、それぞれの学問で抜きん出たところやユニークなところを選ぶのもいいかもしれません。
(デリーなどの都市だけでなく、地方にも各分野で優秀なところがあります)
【2007/04/17 18:26】 URL | どびー #.6Y3SZt6 [ 編集]


私は、インドで国際経営学の博士課程を修了しおりますが、その経験が貴殿に役立つかどうかわかりませんが、気づいたことをアドバイスさせていただきたいと思います。

先ず、テーマを拝見した限り、はっきりとわからないのですが・・

インドでは経営学はまさしくアメリカの影響を受けたものが多く、あまり貴殿の参考にならないかもしれません。また、インドでは、マスター(修士)は学部の授業の延長みたいな感じで自己のテーマに基づいて研究できるのは実際、M.Philからだと思います。(インドでは経営学にM.Philはありません。MBA取得後はPh.D.に進学します。)ですから、よくよくインドに来て先生や職員に聞いたり実際授業を見せてもらわないと、あとでちがった!ということになりかねません。

私のアドバイスとしては、日本で修士課程の大学院に進学してからインドに短期間フィールドワークとして、研究に来られるのがよろしいかと思います。その場合、短期ですので面倒なビザも観光ビザで来れるとおもいます。もし、もっと研究したいのでしたら、その後、日本の大学院で博士課程に進学して、インドに長期間研究に来られるのもいいと思います。

いずれにしましても直接インドの大学院に進むのは、よくよく検討をされたほうがいいと思います。
【2007/04/17 18:26】 URL | 中島 閲嗣 #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/42-805a8610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。