このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童労働とストリートチルドレンに関して興味があるのですが、
児童労働とストリートチルドレンに関して興味があるのですが、
Tata Institute of Social Sciences (Mumbai) 以外に
勉強のできる大学 (特に子供に関わる援助について実践と理論と
どちらも学べるところ)をご存知であれば教えて頂けますか。
特にムンバイ大学(University of Mumbai)
についての情報をお持ちであれば助かります。
またできればフィールドワークができるのか等のくわしいコース内容までご存知であれば教えて頂けますでしょうか。
(えりさん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

申し訳ありませんが存じ上げません・・・。
ただはっきりと言えることはJNUでは不可能です・・・。
個人でリサーチされるというならば話は別でしょうけれども・・・。
【2007/04/17 18:34】 URL | pochi #.6Y3SZt6 [ 編集]


えりさん、はじめまして、僕は、日本の開発系修士を終えて、デリー大学ソーシャルワーク修士で留学した経験があるので、 えりさんがイメージしていること、よくわかる気がします。

たしかにTISSが有名です。
まあ、直接留学していた方からアドバイスをいただいているのなら、 ぼくは何もその大学に関していうことはできないと思います。
ほかには、やはり僕の留学していたデリー大学のソーシャルワークですね。 インドにおける企業が運営しはじめた民間第一号のコースがTISSで、国立大学としての第一号はデリー大です。

ムンバイ大学にコースがあるのは、 産業都市として、労働福祉からはじまった社会福祉の流れがあるためです。 でもTISSにくらべると、それほど魅力的ではないと思います。

デリー大のソーシャルワークは、全国から学生が集まります。TISSとカリキュラムはかわらないと思います。ただ、専門を選択することがありません。TISSなら医療ソーシャルワーク、福祉行政など、分かれていると思いますが。 それと、指導教官が毎回フィールドワークについてくるということもありません。

ボンベイとの地理的条件の違いは大きいですね。 デリーは首都ということで、国連など他の福祉関連団体との関係があります。

ただ、ご関心のあるストリートチルドレンですが、 この分野はデリーはまだ弱いです。NGOの数が、比較的少ないということが原因でしょうか。 デリーでいうと、バタフライというNGOが国連からも表彰され、活発です。あと、デリーには、日本の団体である、グローバルマーチもあります。

日本の社会福祉のコースのことはまったく知りませんが インドでは、文系のなかでも非常にハードなコースであることはいうまでもありません。 まず、コミュニケーションとして現地語の習得が必要です。 デリーでならヒンディー語、ボンベイならマラーティでしょうか。

調査ならともかく、援助技術の実践となると言葉がわからないとなにもできませんから、 日本では味わえない経験ですよ。

もちろん、英語は毎週提出すべきケースレコードのための文章力が要請されます。

カリキュラムですが、これまた異常なほどです。
週2日のフィールドワーク、週3日の授業とグループミーティング。週末の課外授業。そして毎週、数十ページにもわたる提出するフィールドワークレポート。 よほどの自信がおありになるか、まったくそういうのを知らないで留学されるか、どちらかだと思います。 ちなみに、ぼくは、「まったく知りませんでした」(笑)

僕は、フィールドワークで、児童相談所にいました。心理学を中心として、相談所、地域、家庭、そして小学校を包括的にリンクさせる取り組みでした。午前中は、小学校で、知能障害の子供たちへの補習授業を行い、午後は、相談所でIQテストの補助、遊戯療法の実施、または各地域と家庭への訪問をしていました。

実際は子供たちと一緒になって、ヒンディー語を勉強していたというのがあるかと思います。

あと他には、デリーのイスラム系ソーシャルワークコースであるジャミア・イスラミアという大学もかなり有名です。 TISS、デリー大ソーシャルワーク、そしてジャミアこの三つ以外といえば、あとは、たしかラクノウ大学、カルカッタのシャンティニケタン大学だったか、そのあたりくらいだと記憶しています。

それと修士では、論文は書きませんので、その点をきちんと理解してください。 卒業しても具体的な成果をアピールする機会がないということですから。もちろんいろんな経験はアピールできますが。
【2007/04/17 18:32】 URL | テリー #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/45-82181982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。