このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの大学でチベット語や仏教哲学を教えているところがあるのでしょうか。
インドの大学でチベット語や仏教哲学を教えているところがあるのでしょうか。
(真琴さん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

BHUにはチベット語のコースはありませんが、仏教学科はありますが、授業内容は私にはわかりません。

ただ 留学生はタイ、ビルマ、スリランカからのお坊さんがほとんど です。やはり「パーリ語経典読解が中心」だからなのでしょう か??? チベットのお坊さんは、バラナシ近郊のサールナートにCENTRAL INSTITUTE OF HIGHER TIBETAN STUDIES という学校があるのでそちらで勉強しているのでしょう。(こ の学校に外国人用のチベット語のコースがあるかは不明です)

それからサンスクリット大学というのがバラナシにありますが ここには何人かのチベット僧及びチベット人がサンスクリット 語をならいに通っているようです。しかし、チベット系仏教哲 学・チベット語のコースに関しては不明です。

この5月にダラムサラへ行きました。 チベタンライブラリーというチベット亡命政府関係の施設があ って、外国人用のチベット語・及びチベット仏教哲学のコース を実施しています。たくさんの外国人がここに滞在してチベッ トに関する勉強をしているので、他にも個人教授・私立学校も 結構あるのではないでしょうか。チベット医学や美術を勉強し ている日本人もいます。外国人ボランティアも数多く滞在して いました。
【2007/04/17 19:09】 URL | Suzy #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/64-685c93a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。