このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーナ大学のバイオ関連学部への入学についての情報を教えて頂けますでしょうか。
プーナ大学のバイオ関連学部への入学についての情報を教えて頂けますでしょうか。  
(みっつんさん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

プーネ大では研究生として、バイオ関連の学部に入学するか、ELCISに入ることが先になるかは、TOEFLなどのスコアか、あるいは向こう実施される試験によって決められることになっていたと思いますので、英語能力が授業などを聞いて何とか分かる範囲であるか、否かという点が明らかであることが大切かと思います。研究生としての受け入れは、該当学部の学部長<もしくは受け入れ担当指導教官>の一存となりますので、履歴書や、今までの研究成果書のようなものを送ってオーケーが出れば、基本的には大丈夫だと思います。

個人的にはインド政府奨学金を申請してみれば、<例年1,2月に選考があります>ビザの問題と、あと私費で行く際に要求される銀行の残高証明のようなものの心配をしなくても良く、授業料と宿泊費も払わなくても良いという、特典がついてくるので、良いのではないかと思いますが。<またインド政府奨学金に受かると英語の能力の問題はクリアされていると見なされるため、向こうの大学に行ってから英語の審査を受ける必要もありません>ただし、インド政府奨学金は英語の能力の是非が評価に大きく関わってくることと、奨学金に応募すると夏以降の出発となってしまうという点を考えなければならないと思います。<また、応募書類の準備にかなりの労力と時間を必要としますので、公募が出る前に前年の要綱などを参照に準備を進めておくと楽かもしれません。(公募と、締め切りまでの時間が極端に短いことがあるので)
【2007/04/17 19:15】 URL | 冴 #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/68-1bd0fc9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。