このブログの使い方

**このブログの使い方**

*アドバイザーの紹介、各質問への回答はブログ記事の一番下にあるコメント欄に記載されています。

アドバイザーへの質問メール

アドバイザーへの質問はこちらからどうぞ。
*質問される前に過去の質問や“インドリュウガクの準備(このぺージの右上端からどうぞ)”をよくお読みください。質問は下記のサイドバーにある“アドバイザーへの質問のルール"をよく読んでから行ってください。
名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まさらQ&A(インド留学、生活、就職、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てのQ&A集)
まさら通りに届いたインド留学、生活、就職、仕事、妊娠、出産、子育てなどに関する質問に対するアドバイザーの回答を掲載したQ&A集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICCRの奨学金をインド舞踊ODISSI留学で応募 しようと考えており、カ ナダの先生にインドでの学校と先生を紹介して頂く予定です。その学校が他の大学機 関と比較して規模的に小さい事と、さらに、ICCRの参考学校リストにのっていま せんが、奨学金取得のチャンスにマイナスになるのでしょうか。
ICCRの奨学金をインド舞踊ODISSI留学で応募 しようと考えており、カ ナダの先生にインドでの学校と先生を紹介して頂く予定です。その学校が他の大学機 関と比較して規模的に小さい事と、さらに、ICCRの参考学校リストにのっていま せんが、奨学金取得のチャンスにマイナスになるのでしょうか。
(KAORIさん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

必ずしもそうとは限らないと思います。

先方(ICCR)は、
①申し込んだ学生さんが果たして本気でインドの学校で学びたいのか、
②受け入れる学校は、きちんとした学校なのか、
③学生さんがその学校で学ぶ必然性ははっきりしているのか、
ということをみて判定するはずです。

確かに、ICCRは、提携大学(専門学校含む)を指定しています。大きなところは、ほとんど指定されていますから、そういうところに所属するのであれば、②は簡単にクリアということになります。しかし、それ以外では絶対だめか、というとそうではなく、提携学校以外の学生さんが奨学生になった例は、私が知っているだけでも、5,6人います。

辛口なことを言うかもしれませんが、所属機関の大小を気にされるよりより、むしろ、「本気でインドで学びたいのだ」という決意と情熱をもち、それを先方に伝えることが一番大切だと思われます。先方も、そういう学生さんを待っていると思います。

参考までに、私もICCRの奨学生でこちらにきましたので、思いつくことを書いてみます。

対象は基本的に4大卒以上の者だったようです。
ICCRに提出しなければならないもののひとつとして、大学教授等の推薦状があります。私は当時の日本の所属大学の教授2名に推薦状を書いてもらいました。そのほかに、なぜ、自分がこの学校でこの分野を学びたいのかということ等を、英文でA4の紙3枚程度書いて提出しました。書類申請後、インド大使館にて、面接試験がありました。そのときに、英語で質問に答えたりするのですが、ごく簡単な試験でした。

さて、インドで所属する学校選びが一番重要事項ですが、Kaoriさんは、もう、ご紹介いただく手はずのようですね。一般には、ICCRが指定している大学および専門学校の一覧があり、在日インド大使館で閲覧できるはずですから、それを参考に学校を絞ることもできます。

Kaori さんの場合、もし、紹介していただいたダンスの学校が提携学校に指定されていない場合、 Kaori さんの情熱と、その学校の情報を、先方ICCRに明確に伝える手段を整えるべく、前もってその学校を訪ねることをお勧めします。そして、学校にもご自分の決意と熱意をしっかり表明され、「Kaoriはこれこれの計画で、私のところで○年間、熱意をもって踊りを習う予定です。ぜひ、ICCRでご検討ください」という旨の推薦の手紙を書いていただけるようにお願いすることをお勧めします。

そして、その学校の案内書、その学校からの推薦の手紙、それからもちろん、Kaoriさんご自身の決意書、これらを添えて ICCRに提出すれば、まず、大丈夫なはずです。

しかし、くどいようですが、Kaori さんの確固たる決意と情熱を先方に伝えることが、一番重要であることは、心にお留めおきください。

ビザは、計画(あるいはコース)に準じた年数・種類のものが出されるはずです。
【2007/04/17 19:35】 URL | 新井富美子 #.6Y3SZt6 [ 編集]


舞踊留学の場合、3年と期間が定められており、実績(少なくとも3年以上のキャリア、子供の頃からバレエを習っているなどでも可)が必要です。もしトロントでインド人のグルジーに 習っていらっしゃるのであれば、師匠からの推薦書、国立大学・有名私立大学等の教授からの推薦書、学歴証明書(高卒以上)、語学証明書が必要です。

学校は外国人受け入れに実績があるところをICCRが選びます。個人的な感想ですが、北インドでオディッシーを習われるということでしたら、故ケルチャラン・マハパトラ師の直弟子であるマダビJIのところが最適かと思われます。学校もしっかりしています。が、北インド的表現はつまらない、と思われる場合は、やはり本場のオリッサをお薦めします。過去に先生と合わず、悩んでいた外国人を多く見ていますので学校選びは慎重にしてください。
【2007/04/17 19:34】 URL | M #.6Y3SZt6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masaladoori.blog101.fc2.com/tb.php/83-6b03580e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まさら通りトップに戻る

ブログ内検索

アドバイザーへの登録

アドバイザーの登録はこちらからどうぞ。

*登録前に左サイドバーにある“アドバイザー登録のルール”をよくお読みください。
名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメントのあった質問

アクセス解析 Ninja Tool ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。